焼き鳥のタレについて

Pocket

秘伝の焼き鳥のタレって…

焼き鳥のタレは継ぎ足し、継ぎ足しによってまろやかになります。初めは醤油の辛さが強くなってしまいます。この辛さも年月とともに優しくまろやかで落ち着く味に変わっていきます。

「やきとり串いち」のタレは25年以上継ぎ足し、継ぎ足しで作ってきてるのでまろやかな美味しさになってます。焼き鳥学校に来られた皆さんがビックりするほど食べやすくて何本でも食べられると言っていただきます。作り方は昔から変わらず同じ作り方です。

焼き鳥のタレは毎日継ぎ足していくのが基本です。

絶対に数日に1回や半分ぐらい減ってから、ドバっと継ぎ足すことはやめてください。せっかくまろやかになってきてても醤油辛いタレに戻ります。詳しい事は授業の中でお話ししております。

タレには、醤油、砂糖、お酒、みりんしか入ってないので常温で保存が可能です。

毎日、毎日焼き鳥を焼くことで脂が入ってまろやかになり、焼いた焼き鳥を入れる事で低温殺菌するのでタレは腐らないです。絶対にタレの中に水分は入れないでください。醗酵して使い物にならないタレになります。その場合は、初めから作り直してください。

とりアカデミーでも一番簡単な元タレの作り方をご指導しておりおます。

焼き鳥学校を卒業された皆さんには、タレの販売もしております。注文を受けてから生産して発送しております。卒業生さんのお店でも、串いちのタレと同じタレで勝負できます。ご希望の方はご連絡下さい。