銘柄鷄のご紹介

Pocket

焼き鳥学校を卒業された皆様には、色んな方法でお店を開業できるサポートをさせて頂いております。酒屋さんの紹介や鷄肉の卸様の紹介などなど…

焼き鳥開業でやっぱり大事なのが、安定して品質の良い鷄肉が仕入れできるのか?それと分量が安定的に仕入れできるのか?だと思います。

今回、試食して美味しかった「紀州梅どり」は地鶏とブロイラーの間ぐらいのランクの鷄肉になるのだと思います。

紀州うめどりは、餌にも工夫をされてて、2008年の食肉産業展で最優秀賞を受賞するほどの鷄肉です。この、鷄肉をブロイラー並みの価格で提供できます。

他店とも一味違う焼き鳥をお安く提供できます。焼き鳥学校に来られた時にでも食べて下さい。美味しいですよ。

美味しいくて安全な焼き鳥を提供して下さい。

紀州うめどりとは

2008食肉産業展で最優秀賞受賞!
平成20年4月19日から東京ビックサイトで開催された、全国の養鶏企業、生産団体、流通業者など肉のプロが
集まるコンテストにて紀州うめどりが最優秀賞を受賞しました。
審査は350名の投票により「見た目」「食感」「食味」「好感度」の4項目で判定し、紀州うめどりは 「見た目」「食感」
「食味」 で第1位、「好感度」 では第2位。総合得点で第1位となり最優秀賞に選ばれました。

最優秀賞受賞

和歌山県優良県産品(プレミア和歌山)認定
和歌山県優良県産品推奨制度とは、
・和歌山県内で生産・製造されたもの
・安心・安全を重視したもの・和歌山らしさ
・和歌山ならではのもの
といった観点から、優良な県産品を選定・推奨する制度です。紀州うめどりは和歌山県優良県産品に認定されています。

和歌山県優良県産品(プレミア和歌山)認定

特徴
エサに梅抽出物(BX70)を混ぜて育てられています。

由来
昔から、和歌山県のとある地方で、夏場に弱った鶏に梅抽出物を飲ませる風習がありました。
紀州の梅抽出物を混ぜたえさで育てたらとっても健康になりました。

梅抽出物(BX70)とは
梅抽出物を電気分解により脱塩、濃縮させたもので、(株)紀州ほそ川により開発されました。
塩分が約20%、可溶性固形分(以下BXという)が17~18%の通常の梅抽出物を脱塩、濃縮し、BXを70%にしたものを言います。

BX70(通常はペットボトルで保存)
BX70(通常はペットボトルで保存)
脱塩作業
脱塩作業

BX70配合の利点
① 生存羽数、生存率の向上
② 細胞性免疫の向上
③ 液性免疫の向上
④ 代謝性の向上
⑤ 味・歯ごたえの向上

肉質
臭みが少なく、歯ごたえがあり、ヘルシー
県の優良県産品推奨(プレミア和歌山)を受けています。

鶏種
♂ チャンキー   ♀ チャンキー

梅どり
年間処理羽数 約1,655,000羽
処理地 (農)吉備食鶏組合 有田郡有田川町
出荷日令 53日~55日
出荷体重 約3㎏
飼育形態 平飼い
飼育密度 50羽以下/坪