お店の雰囲気で客単価がかわる!

Pocket

焼き鳥屋のお店でも、色々なお店があります。テイクアウト店、屋台、立ち飲み、カウンターのみのお店、テーブル席のみのお店、地鶏のお店などなど色んなパーターンで独立開業できます。お店は雰囲気で来られる客層もかわり、客単価も変ってきます。売り上げが上がれば利益も変ってきます。

焼き鳥で薄利多売のお店もありますが、よっぽどいい場所でお客さんの来店頻度もあげてそれを維持しなくてはいけないので大変です。商品をやすく売っても来ないものは来ないですし、高いものを売っててもお店の場所と雰囲気が合わなければ売り上げは上がらないです。

自分はどんなお店をしたいのか?どんな場所でするのか?など色々と考えないといけないです。焼き鳥はどんな場所でも受け入れられると思います。技術も大事ですが開業予定地のイメージで、店舗改装してメニューも変えないとだめです。

いつも学校で言ってますが、メニューは少ないほうがいいと思う。25年焼き鳥を焼いてきて思います。どんな時代でもそれはかわらないと思います。

メール頂く皆さんに共通してるのが「地鶏でしたい、炭焼きで焼きたい、駅前で大きなお店をしたい」など質問が多いです。それらの希望が果たして開業予定地の雰囲気や客層にあっているかを、もう一度考えてください。理想だけでは利益も出なくてお店がつぶれるだけです。飲食店の生存率が極めて低いと言われてます。良く考えてください。

学校に来られたら、僕なりの意見や提案をさせて頂きます。お店の開業のヒントになると思います。お店を持ちたい皆さまのお力になれたら幸いです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です