あるコンサルタントの方のブログを見てて…

Pocket

Facebookなどを見てて、あるコンサルタントさんのブログにたどり着きました。ある寿司屋さんの案件のお話だと思います。そこに書かれてた内容が普通の発想の逆をいくような内容でした。

普通の飲食店は、売り上げを上げるのに営業時間を延ばしたり、定休日を少なくしたり、テイクアウトや宴会をとるのが普通だと思います。その方の記事では、出前もしない、定休日も増やす、営業時間も短くする、宴会もしないなどです。でも、客単価を2倍にして、原価率を下げるというものです。

これができるのも家族経営だからだと書いてあり、僕もそう思います。この寿司屋では法要に力をいれて、ランチも人が来る週末のみにするみたいです。

僕の地元でも、割烹料亭がランチもディナーも辞めて仕出し専門に変えてるお店があります。予約制にすることで、食品在庫もなく、法事とかなので単価も上がり利益が上がる計算だと思います。普通の発想の逆を行く。こんな方法も色んな時代を生き抜く手段だと思います。

僕のお店も、通常営業をやめて貸し切り、焼き鳥学校のみで営業しようと思ってたところです。こんな記事を見てたら、僕の考え方もおかしくないのかもと思いました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です