「時短営業」苦悩の飲食店 発想の転換で売り上げUP

Pocket

仕事がら、情報収集や勉強のために本を読むのが日課です。毎日、いい本はないのか?と本屋さんに行くのも日課です。数年前に購入した本に書いてた「ゴーストレストラン」について、ホリエモンさんが絶賛と書いてた本に、海外の飲食事情について詳しく書いてありました。

その書籍に書いてた記事で、お客さんを入れない飲食店など面白い事を書いてありました。今、世の中でコロナウィルスの情報が毎日のように配信されております。その中でも、飲食店が厳しい状態だというものです。

既存の飲食店は時短営業などで、ダメージを受けておりますが、同じ飲食店でも売り上げが上がっている飲食店もあります。同じ飲食店で、同じコロナの影響があるはずなのにと思います。

売り上げが下がっている飲食店の場所や売り方など見てたら、今の時代は、お店に行くことが減ってたり、他人と密になる事、同じお店に長時間滞在、お酒を飲むために来店するお店などに人が行かない傾向にあるように思います。

僕もイベント出店によく行きますが、屋外の開催なので、みんなと密になりにくいのと、屋外と言う安心感で、以前に比べて来場者が多くなっていると思います。そのような状況をみてて、売り上げが下がっているお店の逆の事をすればいいのだと考えております。

そんな事を考えてたら、今の時代でいい状況の飲食店は、テイクアウトやデリバリー専門の「ゴーストレストラン」やキッチンカーなどの屋外販売。店舗内に人を入れないスタイルがいいのだと思います。

12月の繁忙期に、時短営業をすることは本当につらい事だど思います。世の中の感染状況を見てたら、仕方のない事だと思います。お店をしてら、色んな事が起こります。経営者は、どんな状況でも、、前向きにチャレンジする事が大事たと思います。

僕も焼き鳥店を経営して26年。27年目は新しい事にチャレンジするしかありません。

https://news.yahoo.co.jp/articles/021112aa2e7bb73c5933c242c14e80345235fcbf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です