店先は何のお店かわかる方がいい!

Pocket

いつも、外食の時には料理以外にも、店舗の外見や、何を扱ってるお店かをじっくり観察しております。繁華街など、たくさんの飲食店がある中でお客さんはどのようにしてお店を選ぶのか?なんていつも考えてお店探しをしております。

普通はネットで検索される方や、SNSなどを見てそのお店にいかれる方が多いと思います。

僕はいつも、直感でお店を選びます。その時の気分や、お店のまえの雰囲気などで選んでおります。禁煙のお店も絶対条件です。どんなに有名で美味しくても、禁煙じゃなかったら行かないです。お店を選ぶ基準は人それぞれだと思います。

普通の人はまったくそのお店の事を知らない人にも。来店していただくのには、「わかりやすいお店作りにした方がいいよ」っていつも焼き鳥学校ではお話ししております。

酒飲みは店内も暗い感じを好みますが、ファミリーさんや焼き鳥をいっぱい食べる方は明るい雰囲気のお店を好みます。暗い雰囲気だと、お客さんの回転率が下がり、明るい雰囲気のお店だとお客さんの回転率は上がります。

お店の有線のジャンルでも違いますよ。ご自身が、どのお客さんをターゲットにするのか?そのターゲットによってお店作りのコンセプトが変わってきます。

あれもしたい、これもしたいでは何も進まなくて、お店をやっても何のお店かわからないと思います。焼き鳥屋なら焼き鳥屋の雰囲気を作る。まずは、ご自身がイメージするお店作りをしていってください。

休みの時にでも、繁華街に足を運んで色んなお店を見るのもいいと思います。開業までに、どんなお店でどんな料理を提供するのか?などで出店場所も変わってきます。

まずは、お店のコンセプトが大事です。そこからスタートしていってください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です