お店のファンを増やす!

Pocket

仕事がら、外食する機会が多いので繁華街などでも色んなお店をみて研究しております。同じ通りに何件も並んでるのに、お客さんが入ってるお店と、入ってないお店があります。僕は焼き鳥学校の時にいつも言ってるのが、「お店のファンを増やして」とご指導しております。

僕が経営してる焼き鳥店の周りを見てて、研修に来られた方は皆さんがビックリされます。駅からも遠いし、タイムズなどの駐車場もないし、お店の周りは田んぼだらけで…

「こんな場所で、何十年もお店を経営してきたんですね」って言われます。

何十年もお店をしてて思う事は、お店のファンが多いのだと思います。焼き鳥の味だけでなくて、店主の人柄やちょっとした会話、落ち付く空間、安心できる信頼感などなど…

僕は見習い中に師匠から言われたことは、カウンターのお客さんに「一言声をかける」でした。天気の事や季節の話題や、日常で起きてることなどでした。野球や政治の話はタブーです。

お客さんと会話をする時には、情報収集が必要になってきます。師匠に言われたのは、仕込み中にラジオを聴くことでした。飲食店をしてたら、新聞や雑誌を見る時間が無いので、ラジオは仕込みをしながら情報収集ができるということでした。

素人の方などは、お店の場所や料理の味ばっかしを追求している傾向があります。確かに悪い場所よりいい場所、まずい料理よりも美味しい料理なのですが、お店の経営というのはそれだけではない部分があります。

飲食店経営は、お客さんのニーズや時代の流れを考えたりしながら営業していきます。僕も26年お店を経営してて思う事は、時代が変わっても変わらない物は、「お店のファンをつくる」この事は何があろうとも変わらないと思います。

焼き鳥学校に来られた皆さんには、そんな事をいつもお話ししております。飲食店はお店にファンが付き、店主さんにファンが付きます。頑張ってファン作りを意識しながら営業して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です