コインランドリーなビジネスモデル!

Pocket

お店の近くや、会社の近くにもクリーニング屋さんと同じ敷地などに、「大型のコインランドリー」がいっぱいオープンしてきております。こたつ布団や毛布など、家では洗いにくい物を洗うのに、季節の変わり目にちょうどいいものだと実感しております。

ひと昔前に、ネットや雑誌などでコインランドリービジネスの広告を何回か見たことがあります。家には、みんな洗濯機や乾燥機などもあるのに…

いまさら、なんでコインランドリーなんだろ?って思ってました。

先日も、テレビを見ててアメリカとかでは、家に洗濯機だ無くて、マンションの地下などにあって皆で使うことがほとんどと言ってました。自宅に洗濯機があるのは、富裕層だけでが持ってる品物だと聞いて、ちょっとびっくりしました。

コインランドリーに行ったら、平日の昼間なのに次から次へとお客さんが来ることにビックリ。家で洗濯して乾燥だけの方や、一人暮らしの方、お年寄りの方や近くのマンションから来られる男性などなど…

設備投資をしたら、自動販売機のようにオートメーションで売り上げが見込める感じですね。

家に洗濯機がある世の中で、なぜ?と思うけど、ちゃんと時代にマッチした商売で、ターゲットにした場所で開業されているのを見てて、ちゃんと商売の戦略が出来てると感じました。

焼き鳥屋でも、違う商売にしても戦略やターゲットを決めて進めていかないと売り上げは見込めません。やみくもにやるのなら、やらない方がましだと思います。コロナの時代のターゲットや売り方。コロナ後の世界での売り方やターゲットを考えて行かないとダメだと感じます。

焼き鳥店や飲食店で開業されたい皆さんも、ご自身がどんな人をターゲットにして、どんな売り方をしていきたいのかを、いっぱい考えて下さい、時代の変化や人の行動は昔とは変わってきています。色んな所にヒントがあって、色んな所から学ぶことも多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です