1つの店舗で複数のお店を営業!

Pocket

コロナで、時代が変わっていき多くの飲食店が試行錯誤しながら、何をすればいいのか?考えていると思います。近くのチェーン居酒屋、ファミレスなどは新しい形態で動き出してきました。

まず、近くの焼き鳥居酒屋は店舗営業をしながら、別の屋号で宅配専門の「から揚げ屋」をしたり、ファ三レスも、店内営業しながら「から揚げ」の宅配を出前館や、ウーバーイーツなどで配達されてます。

実際に食べたことが無いですが、店舗とはまた違う味の「から揚げ」を出してると聞きます。

先日も、ネットニュースを見てたら焼き鳥チェーン店が、鶏肉を使ったテイクアウトメインの業態をしていくと、社長さんがインタビューに答えておられました。その社長のコメントの中で、「から揚げはしません」と言われてて、何をされるのかがたいへん楽しみに思います。

串カツのチェーン店も、脱アルコールで食事メインやドリンクバーなどを置いた形態の、お店をオープしてきました。チェーン店などは、資金力があるので何でも形にできます。でも、いい所はマネをした方が良いし、ヒントにされたら良いと思います。

東京や大阪など、大都会では宅配、デリバリー専門のゴーストレストランが増えてきております。マンションや、倉庫みたいな場所を改装して飲食店の許可を取得して営業してます。同じテンポで、複数の専門店として登録して営業されてます。

例えば、唐揚げの専門店、てんぷらの専門店、とんかつの専門店などフライヤーがあれば7出来るメニューをそれぞれ専門店として登録したりしてました。注文される方は、別々のお店と思うけど、実際は同じテンポで作っている感じです。

これからの世の中は、コロナでがらりと形態が変わっていくと思います。おなじ事をしてても何も変わりません。新しい事にチャレンジする方が良いと僕自身は思っております。新しい時代に、マッチした飲食店をやっていこうと感が得ております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です