売りたい物を売っているうちは素人・売れる物を売って初めてプロとなる!

Pocket

座右の銘【売りたい物を売っているうちは素人・売れる物を売って初めてプロとなる】って書いてる方の記事を見ました。本当にその通りだと思います。

いぜん、相談を受けた方で、サラリーマンをしながらそば打ちを勉強されてて、そばと鴨を融合したお店をしたいと言われておりました。自己資金800万円を担保に2000万円の借り入れをして、繁華街で大きなお店を開業したいと言っておられました。

僕は借り入れでやるのは反対で、そばと鴨のお店は特殊すぎるので調理経験のない素人がするのは反対なのでそのように言いました。

数年前の事なので、もし、借り入れをして繁華街でしてたとしてもコロナの影響でお店はつぶれて、借金まみれになっていたと思います。焼き鳥屋が全国どこでも受け入れられるのは、焼き鳥の認知度が高くて、誰もが知っていて頻繁に食べられる点があるように思います。

自分が提供したい料理や自分が開業したいお店が、世の中で受け入れられるのか?

そんな事をもう一度考えて頂きたいと思います。お店のお客さんで、露天商の社長さんが言ってた言葉で、「誰もが知ってる物がどこに行っても一番売れる」でした。かっこいい名前の商品なんか、わからん人が多いから売れへんねん。と言われてるのをいつも思い出します。

焼き鳥ってなんで売れるのか?を考えたら、誰もが知ってる食べ物と言う事につながっていきます。無難で昔から愛される食べ物です。だから、お店も多いし、イベントでも売れるのだと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です