大阪府は14日から独自措置へ 緊急事態と同様の時短要請 政府の判断待たず

Pocket

大阪府なども、1月14日から独自の時短要請が始まります。

大阪なども正月が明けてから、急激にコロナの感染者が多くなってきております。今までは、大阪市内の飲食店などが時短要請を受けておりましたが、最近の数値を見ていたら、大阪市内より、大阪府の方が感染拡大が多くなってきて、そのような現象で大阪全体で増えれるかもしれません。

僕が住んでる場所も大阪の郊外ですが、たくさんの方が大阪市内まで通勤や学校、買い物などで行かれることが多いと思います。

コロナの感染拡大を抑えるには、大阪全域に自粛営業や緊急事態などを発令しないと、感染者は増えていくと思います。今年はオリンピックも控えているので、ここからの数か月は自粛要請や、緊急事態宣言などが長引くような記事をネットで見ました。

その方の見解は、オリンピックがあるので4月ごろまで自粛して、気温が上昇してきたら感染率も下がってくるので、それまでは自粛期間が続くと言われておられました。いま打たれているワクチンの効果や結果などがわかるまで、しばらくはこんな感じで自粛しながら、コロナと共存していかないといけないかも知れません。

何が何でも生き残り、アフターコロナの時代で成果を出すことを今から考えております。新しい時代に変わっていくので、新しいやり方や取り組みを試していきたいと思います。

https://mainichi.jp/articles/20210109/k00/00m/040/213000c

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です