素人は電気グリラーがおススメ!

Pocket

焼き鳥店には、炭焼き、電気グリラー、ガスグリラーがあります。誰でも簡単に美味しく焼き鳥を焼けるのは、電気グリラーです。最近焼き鳥学校に来られる方の多くは、電気グリラーを購入されて開業される方が多くなってきております。

3つの中で、値段で決めたらガスグリラーが安くていいのですが、皮串、ナンコツ、ぼんじりなどを焼く時に炎がよく出て、焼くのが大変になります。炎を水で消しながら、うちわで炎を消したりして焼いていきます。

ガスグリラーは、焼いている時に煙も炭焼き並みに出るので、お店の開業される場所が住宅地などの場合は注意が必要になります。その点、電気グリラーは煙も3つの焼き台の中で一番少なくて焼き鳥が焼けるので一番におすすめしてる所ですもあります。

焼き鳥店で使われる焼き台の3つには、それぞれにメリット、デメリットがあります。

焼き台の特徴を考えて、予算なんかもありますのでよく考えられる事をおすすめします。僕自身は、3つすべての焼き台を使ったことがありますが、今後も電気グリラーを使っていきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です