時短事業者支援、国や自治体への義務づけを検討

Pocket

時短事業者支援、国や自治体への義務づけを検討 西村氏

飲食店にとって、今の時代はすごく大変な時代だと思います。この時代を生き残ったら、本当に強いお店だと思います。時短要請なども守らないお店にたいして、今回は罰則として過料を頂く感じになるかもしれません。

1月と言う本当に寒い季節なので、コロナの感染拡大をなかなか抑え込めてない感じになってます。ネットでも、2月の国会で決まるかはわかりませんが、コロナの事で色んな罰則が盛り込まれた内容を話し合ってるテレビを見たことがあります。

何処のお店も、色んな感染拡大防止をされてる所が多いと思います。

いまは、飲食店がターゲットになってて、ランチも控えて下さいみたいに言われてる方もおられます。今回、本当に罰則制度が出来て、お店を時短営業したり、休んで廃業に追い込まれるお店も本当に多くなるように思います。

いま海外でも打たれているコロナのワクチンがどこまで効力があるのか?

お客さんの医療従事者さんたちは、ワクチンを打つのか?打たないのか?の意思決定を病院から求められたそうです。2月か3月あたりには医療従事者さんに対して、ワクチンを打たれると思います。その結果が良いようになれば一安心です。

あとどれくらい、飲食店の時短要請などが続いていくのか?すごく考えます。

お店ができないのなら、違う方法で対処するしかありません。頭を柔軟にして今までとは違う新しい発想で、2021年を乗り越えて行きたいと考えております。行動あるのみですね。

https://news.yahoo.co.jp/articles/be912ee7169b96032d7a52c8efd8782222ff03aa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です