大阪・豊中市、好評「キッチンカー社会実験」拡大

Pocket

大阪・豊中市、好評「キッチンカー社会実験」拡大

キッチンカーのメリットは、お店と違ってお客さんの集まる場所や、人が多くいてる場所にこちらから出向いて販売ができる所です。お店の場合は、どちらからと言うとお客さんを待ってる商売です。

その反対に、キッチンカーの場合はせめて行く感じがします。

僕の所にイベントでバイトに来られている方の地元が豊中市で、自宅の近くの公園で「キッチンカーでの販売をされている」と言われておりました。

コロナの時代で、テレワークなどの要請で自宅で仕事をされてる方も多くなりました。キッチンカーのイメージとして、今までは、都心のオフィス街での販売が多かったと思います。

去年ぐらいから、今までとは逆でテレワークなどの方などをターゲットに、住宅街などでのお弁当販売の社会実験をされておられました。テレビなどでも、タワーマンションでキッチンカーでランチ営業などを見たりすることが多くなってます。

そんな動きで、今年などはキッチンカーを取り巻く環境が変わってくるのだと思います。

いままでの常識ががらりと変わって、新しい常識が生まれていくように感じております。このように、早い段階で世の中の動きを察知して行動していく事が大事だと考えております。

考えてばかりではチャンスはつかめません。じっとしてても何も生まれません。

https://www.sankei.com/west/news/210127/wst2101270024-n1.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です