時短中“閉店・廃業”も協力金対象に 大阪

Pocket

時短中“閉店・廃業”も協力金対象に 大阪

緊急事態宣言も、大阪では2月7日以降も1か月間の延長が決まってます。店主さん1人で経営してるような小さなお店はダメージが少なく思いますが、35席以上の大型店は家賃も高いし、従業員さんを抱えているので、今回の延長はすごくダメージが大きいと思います。

大阪では、いままでは自粛中の廃業は給付金対象店でなくて、支給がもらえなかったですが、今回は変更になり時短要請を守っていた日数分給付金が頂けるようになりました。

同じ、飲食店の経営者としてすごく有難く思います。

テレビを見てても、「緊急事態宣言中に廃業します」と店長さんがお話しされてて、大阪府のホームページを見ていたら自粛期間中は営業をしていないと給付の支給店にならないと書いてたので、何とかならないかなといつも思っておりました。

長引くコロナの時代にも、きっと終わりが来ると思います。それまでは、どれだけの期間がかかるのかは予測もつかないですが、色んな使える政府の制度を活用して生き残らなければならないです。

とりアカデミーに来られる皆さんを見ていたら、いっぱい出ている情報を誰も知りません。たいへんもったいない事です。知っていたら、何百万円も得をする情報を知らないので、いつもお話ししております。飲食店の経営者さんも、もっと勉強して生き残っていかないといけないです。

https://news.yahoo.co.jp/articles/caca977e57e6bc08d54c0eb02d9f0a87b398d6b4

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です