大阪市内も居酒屋などお昼から営業。魚を販売してるお店も…

Pocket

先日も、大阪市内まで車で走っておりました。ちょうどランチ時のお昼と言う事で色んな飲食店、居酒屋などを運転しながらチェックしておりました。

前回の緊急事態宣言の去年の4月頃の様子は、店先でお弁当のみを販売してるお店が多かったです。

今回の緊急事態宣の様子を見ていたら、昼からお店を営業されてる方や、夕方を少し早くからの営業をされてるお店が多いように感じました。

「昼のみ始めました」と書いてても、オフィス街で人通りは多いのですが、平日と言う事もあって夜のイメージがある飲食店(居酒屋、焼き鳥屋)などではお客さんの入りは少ないです。

色んなネットの記事で、コロナに時代になって1年が経過してどのようになっていったのかと言う記事を見ました。お店をされてて皆さん色んな工夫をされました。

初めは結果が出ても、すぐに違うお店がマネをしてお店とお店が競争をして売り上げが下がっていきます。ちょっと変わったことをしないとすぐにまねをされます。

色んなお店が、昼から営業する中でとある居酒屋さんでお昼のランチに海鮮丼を提供されてて、それ以外にも店先で自分の所で仕入れをした魚を販売されてました。いがいと通りすがりの主婦の方が購入されてて何か面白い物をみせてもらった感じです。

僕のお店で例えるなら、焼き鳥屋なので、鶏肉を売る感じです。鶏肉でなくても、昔に果物を販売したことがありますが、焼き鳥のテイクアウトの時に果物も一緒に購入される方が多かったように思います。

固定御概念にとらわれず、色んな発想でチャレンジされる方がいいと思います。

時には斬新なアイデアの方が結果が出たりします。まだまだ続くコロナの時代を乗り越えるアイデアを出していきたいと僕自身も毎日考えております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です