お店の開いてる時間を有効活用!

Pocket

色々とネットを見ていたら、大変勉強になる記事がたくさん見つかります。その中でも、とりアカデミーに来られた皆さんにあてはめられそうな内容をチョイスしていつも記事にしてます。

いままで、コロナの影響で1年間も皆さん苦労をされていると思います。

テイクアウトをしたり、移動販売をしたり色んな事を試されている方を見てきました。いつも思うのが、まずは皆さん費用をかけない事を試されてるように感じます。こんな時代に費用をかけすぎるのはあまりおススメしません。

キッチンカーなんかは、初めの初期投資がかかりすぎます。僕が作ってるトラックタイプのキッチンカーでは、総額で500万円近くかかるので普通で考えたらおススメしません。僕自身、キッチンカーなどのイベント出店がしたいので製作してる感じになります。

基本はこんな時代なので、資金をかけずに利益が上がる物を選ばれた方がいいと思います。

今回の話をする内容の方は、ある程度大型の店舗で繁華街の駅前などの立地での方です。僕たちが出店するような場所ではないのですが、お店の活用方法はすごくいいと思いました。

どんな使い方かと言いますと、お店を会員制でワーキングスペースとして利用できる方法です。

費用は1か月に1万円で、店内で仕事をしたり、昼寝にきたり、活用方法は自由です。店内にいてる時は、飲食店なので注文も出来てお店の料理が30%オフになります。現在は100人以上が会員になってるので、毎月100万円の会費と、その方々が飲食した費用も売り上げになります。そのお店の家賃は1か月に100万円ほどなので、家賃はまかなえる感じです。

コロナで時代が目まぐるしく変わっていきました。従来の飲食店としての在り方が変わってきた感じにも思います。時代が変われば、新しい方法が生まれてきます。

時代についていく柔軟な考え方が大事だと今回も思いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です