バーの経営者さんがYouTubeで言ってたこと…

Pocket

同じ飲食店でも色んなお店に分かれると思います。ランチメインのお店や朝まで営業のお店、食事とお酒を提供するお店、テイクアウトメイン店などなど…さまざまなお店に分かれます。

お店によって、出店する場所も違えば利益率もぜんぜん違ってきます。

僕自身は、飲食店は焼き鳥屋の経営しか経験がないのですが、色んな目線で飲食店を見てて感じる事や、思う事などたくさんあります。昔に、実業家のホリエモンさんが言ってたのが「スナックは最強」って記事を何度も目にしたことがあります。

スナックと言えば、年配のママさんがカウンターメインのお店で1人で営業してて、常連さんが毎日のように通うイメージです。1日歌って、飲んでも3000円ほどでお店に来店する常連さんとのつながりもあり通ってしまいます。

店舗も小さくてよくて、仕込みもいらない、焼き鳥屋みたいに、朝から買い出しと仕入れが無いのは自分の時間がいっぱい作れてうらやましかったですね。光熱費も焼き鳥店などにくらべて低く、全体的なお店の経費も少なくて済みます。

このような、お店を運営していく経費の中身が焼き鳥店とは違って、YouTubeでお話しされてたバーの経営者さんも同じことを言われておりました。バーは人件費が居酒屋より低くて、在庫もお酒だけなので食材のロスもなく、路面でなくて家賃も安い所で開業できる点などを上げられておりました。

このバーの経営者さんも、今後はお店以外にも何かしないとダメだと言われてて、1万円でもいいので収入を増やすと言われておりました。お店を守るために、店外売り上げをって事です。とりアカデミーでも昔から言ってましたが、お店以外の店外売り上げを上げる方法をお話ししてました。

テイクアウトやイベント出店などずっとお話ししてた事が、コロナの時代になって皆が考え始め出しました。人より1歩前を進んで利益を上げて行かなくちゃといつも考えております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です