焼肉スタイルの焼き鳥屋さん…

Pocket

焼き鳥屋って言っても色んなお店があると思います。最近では、昔からある串に刺さった焼き鳥以外にも、串に刺さってない焼き鳥のお店も多くなってきました。

コロナの影響で、居酒屋さんが非接触型の焼肉屋さんに業態変更されております。

とりアカデミーの卒業生さんも、2件目のお店では大阪市内で開業されるので、焼肉スタイルの焼き鳥屋さんを開業したいと話しておられました。

商売的に見た目線で考えると、利益率的には串に刺した焼き鳥の方が利益率は良いと思います。あとは、お客さんが帰った後に片付ける手間を考えると、小さなお店は回転率が悪くなります。その他にも、1人営業のようなスタイルが大変なようにも思います。

コロナのこの時代には、密を避けるために個室的な焼肉屋さんや、目の前に換気ダクトがあるので感染対策は焼肉スタイルの方がいい点だと思います、

今年も3月から事業再構築補助金など色んな補助金が始まります。

この補助金などを活用してテイクアウトメインのお店に改装したり、焼肉スタイルの換気ができるお店に改装したりで、補助金を活用されることをおすすめします。僕も認定機関の税理士さんに書類作成をして頂いて、色んな補助金を申請したいと思っております。

僕が申請する内容が補助金も採択されるかはわかりませんが、新しい取り組みや業態変更でかかる費用などが採択されたら嬉しく思います。新しい事にもいっぱいチャレンジしていく事がこんな世の中を行きの来る方法だといつも思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です