こうべ「南京町」駅前の高架下も貸店舗ばか…

Pocket

先日も、勉強を兼ねて神戸の南京町まで行きました。皆さんが、歩きながらお店の食べ物を食べたり、お店の中で飲食も出来たりでまるで中国に旅行に来てる感じでした。そんなちょっとはずれのお店の中には、韓国のお店をチラホラ開業されてて、色んな食べ物が味わえてイベント出店のヒントになります。

南京町から少し歩いた所に、阪神電車「元町」駅があり電車の高架下は色んな店舗がお昼から営業されております。歩きながら、思ってたのですが空き店舗がすごく多くてびっくりしました。人通りはすごく多い場所ですが、やはりコロナの影響を受けてるのかもしれません。

駅前のアーケード街も歩いたのですが、やはり空き店舗が多かったです。

家賃はどんなものなのかと思ってたら、募集の張り紙があって2階部分以上の店舗で10坪ほどで15万円以上で、1階などの店舗になると18坪ほどで60万円以上で100万円近くの店舗もありました。

このアーケード街にも立ち飲みのお店が営業されてましたが、利益はとれるのかな?なんて思いながら、僕が昔から推奨してる店舗家賃とはかけ離れてる場所だと感じました。とりアカデミーでもいつも言ってるのは、焼き鳥屋は家賃の10倍は売ってほしいので、こんな場所なら500万円以上売らないと経営は成り立たなくなっていきます。

僕のお店みたいに、格安の家賃でお店をしながらイベント出店で1か月に200万円売った方が手取りの収入は多くなると思います。一番売った時期で1か月に400万円以上を夫婦で切り盛りしておりました。田舎の店舗と違って、都会の繁華街で人通りも多いですが、田舎で格安物件でやる方がリスクも少なくて焼き鳥にはおススメします。