高級焼き鳥店に業態変更されるお店も…

Pocket

今までは、1人単価3千円~4千円ほどのお店で焼き鳥店をされてる所が多いように思います。席は詰めて、詰めてお客さんを回転させて売り上げを上げていく営業方針でした。そんなお店も、コロナによって方向転換をされてる方も多いと思います。

テイクアウト店、キッチンカー、高級店など従来の営業スタイルから生き残るために皆さん考えての行動だと思います。どれが正解で、どれが間違ってるのかはこんな時代が初めての事なので、結果が出るまではもう少し時間がかかるようにも思います。

今回は、高級店に業態変更されるパターンで見てみたら、やはりお客さんどおしが密にならないように、1日数組限定でコース制のお店に変わりました。商売的な目線で考えると、完全予約制のコース料理なら在庫のロスもなくて準備など予定が立ちやすいと思います。

高級と言う事で、富裕層などはガチャガチャしたお店よりも、ゆったりとしたお店を好むと思います。1人単価は1万円以上で営業していくのでどれだけ集客できるのかや、リーピート率は何パーセントなのかが今後の運営に影響が出てきます。

今現在でも、何も変えなくて営業するお店もあります。

仕事がら色んな飲食店を見ておりますが、時代に合わせて変化されてるお店の方が多いです。じっとしているより行動した方が僕自身は正解だといつも思っております。世の中は、自分が思う以上に目まぐるしいスピードで変化を続けております。そんな時代を考えて生き残っていくのが経営者の仕事です。