1時間に2000本仕込み

Pocket

焼き鳥学校に来られた皆さんは、お店を開業したら忙しので仕込みに追われる方が多いです。そんな時のアドバイスとしては、初めは少ないメニューで始めて、ホワイトボードなどに限定で1品メニューを週替わりなどで提供していき、少しづつ焼き鳥の種類を増やしていく方法をオススメしております。

1品メニューと焼き鳥では、利益率から言いましたら焼き鳥の方がいいです。

そのために、焼き鳥をいっぱい販売した方が同じ売り上げでも手取り収入が多くなります。1品メニューより焼き鳥の方が仕込みなど、時間がかかるので儲かるようになってます。

知り合いのお店では、大型店舗を数件ほど経営されているので、焼き鳥のセントラルキッチンを作っています。そんな焼き鳥の仕込みを機械で串刺しすることで効率を上げておられます。

その機械では、1時間に2000本の焼き鳥を仕込めるそうです。

機械の値段は500万円以上と言われておりました。焼き鳥店も大型店舗なので仕込みの本数もすごい数量を仕込んでおります。コロナ前には、100席どの店舗が週末は満席で何回転もしてたのですごい本数の焼き鳥が出ておりました。

僕たちみたいに小さなお店の場合は、平日で300本ほど週末で600本ほどの仕込みになると思います。小さな機械でも1時間に300本ほど仕込めて、値段も数十万円です。仕込み専門でパートさんの人件費を考えたら、すぐに数十万円の機械代は回収できると思います。

イベント出店、テイクアウト店の方などは焼き鳥の本数を仕込むのでこんな方法もいいと思います。