移動販売ではこんな焼き方で…

Pocket

とりアカデミーではキッチンカーを使って、スーパー、パチンコ店、公園など焼き鳥が売れそうな場所には焼き鳥を販売して、ビックイベントやスポーツ観戦などのイベントではBBQステーキの販売をしていきます。

それ以外にも、昔からしてた会社やご自宅などに出張で行くケータリングも行います。

キッチンカーには、大きな極厚の鉄板グリドルとウェバーのBBQグリルを積んでおります。そんな道具で焼き鳥を焼いて販売するので鉄板で焼き鳥の試食をしました。鉄板で焼き鳥を焼くスタイルでは、大阪では「くわ焼き」という鉄板でやく串焼きがあります。

お店の電気グリラーと違って、新しいスタイルでの販売をキッチンカーでは行っていきます。

試食でいろいろ食べましたが、もも肉と玉ねぎの串が美味しいです。30年近く継ぎ足してきた串いちのタレが玉ねぎとの相性が良くて何本でも食べれます。ちょっとした工夫で、コロナの時代でも売れる場所はいっぱいあります。

販売できる場所に合わせていっぱい考えるのが経営者で商売人です。