お酒、営業時間の緩和…

Pocket

去年ぐらいから、コロナの影響でお酒やカラオケなどを提供してるお店などに、時短要請やお酒の販売を止めるようになってきました。焼き鳥屋は、お酒と焼き鳥を売るから小さなお店でも利益が出ます。焼き鳥だけで同じような売り上げを上げる場合は、相当数な焼き鳥を仕込んで販売しなくてはいけません。

今現在、徐々にですがコロナワクチンの接種も進んだり、感染者数も少しづつ下がってきたりしてきて、11月ごろより感染対策をしてる飲食店などに、お酒や営業時間の緩和を実験的に進めていくような流れになっております。

いきなり昔みたいにはなりませんが、少しづつでもいい方向に行くと考えております。

まだまだ、昔みたいにみんなで飲める時までは時間もかかるように思います。周りの飲食店を見ていたら、何もしないで愚痴ばっかしをSNSに投稿したりしてることが多いです。個人経営は何でもいいので利益の出ることはしていった方がいいです。

じっとしていても何も始まりません。まだまだ、コロナの感染拡大を抑えるために、制限がかかる飲食店ですが生き残らないと何も始まりません。今後は、徐々にですがいい方向に動いて行くと思います。それまでは色んな事をして生き残っていかないとダメです。

じっとしてていも何も生まれないです。行動あるのみですよ。