トレーラーハウスで焼き鳥屋開業

Pocket

焼き鳥学校の卒業生さんも、プレアハブやテントなどで移動販売、店舗以外にも販売場所を借りての開業の方もおられます。コロナの影響で、時短要請やお酒を販売できないなど思うように店舗の場合は商売ができないです。

今までも、たくさんのらキッチンカーみたいに色んな場所に移動ができて販売できる方がいいように思います。

プレハブよりも開業資金は多く必要になってきますが、販売場所が固定店舗のように限定されないので、いろんな商品を色んな場所や季節によってメニュー変更も可能になります。

いつも思うのが、トラックタイプのキッチンカーだとお客さんを見下ろすような感じになるのがすごく気になる所でした。その点、このトレーラーハウスでしたらお客さんと目線が同じなので違和感をあまり感じない点がすごくいいです。

商売は販売がしやすい方が、イベントなどでも売り上げアップにつながります。テイクアウト店で開業をお考えの方は一度調べてみられるのもいいと思います。