木. 2月 9th, 2023
Pocket

約30年ほど商売をしてて、色んな飲食店経営者さんを見てきました。

うまくいく人、うまくいかない人をたくさん見てきて分析をしていくなかで…

うまくいく人は、ちゃんとうまくいくなりの行動と計画をされてるのですが、廃業する人って同じようなパターンで独立開業されてるように思います。

一番多いのが、開業資金を自己資金でなく借金をして開業される方がすごく多いです。

開業していきなり売り上げが上がればいいですが、売り上げが上がらず返済も重なり資金が回らなくなり1年もせずに廃業するパターンです。

その次に多いのが、副業などで開業される方です。

飲食店は、仕込みや買い出し、営業など拘束時間も多くて副業で開業するには本業に影響がでてどっちもおろそかになっていくパターンが多いです。開業前には、飲食店なんて営業時間だけ働けばいい?みたいに思っている方が多いから現実をしりどっちつかずになっていき廃業されます。

最後に多いのが、従業員やバイトを雇ってお店を営業するパターンです。

経営者自身が素人で、人の教育や対処も何もできないのに従業員に任せるパターンで廃業される方が多いです。飲食店は、人によって売り上げが変わりやすい業種です。素人の集まりで、ちゃんとした指導も出来ない状態で、他人任せのお店なんかもすぐに廃業する方が多かったです。

飲食店は、小さなお店を自分で営業するから利益が取れて、常連さんがお店に来店されるのです。自分で頑張るから意味があるのです。

長年、お店を経営してて簡単に儲かる事なんてそんなにないと思います。