日. 2月 25th, 2024

焼き鳥学校に来られる方にも、店舗開業、キッチンカー開業、テイクアウト店開業での独立開業の方がおられます。定年退職されたり、奥さんが営業されたりで開業されました。

テイクアウトは、店舗と違ってお酒の販売がないので焼き鳥をたくさん仕込む必要があります。

テイクアウトはある程度メニューを多くした方が売り上げも上がります。

店舗の場合はメニューを少なく、テイクアウトの方は少しメニューを多くして色んな種類の焼き鳥を購入して頂く必要があります。

テイクアウトのように多くの焼き鳥を焼かれる場合は、焼き台も電気グリラーが安全面やコスト面を考えて優れていると思います。店舗を借りるより、格安の土地を借りてプレハブで開業されたりがおすすめです。

卒業生さんも3万円ほどの家賃の場所にプレハブを置いて、1日に600本~700本販売されておられます。1日で家賃が出るビジネスモデルです。

焼き鳥の仕込みなども、1時間に300本仕込める機械の導入などもいいと思います。

短時間に大量に販売する方にはオススメの商品になります。とりアカデミーでは、色んなパターンの開業をされた卒業生さんも多いです。そんな卒業生さんのアイデアなども皆さんと共有していきたいと思います。