日. 2月 25th, 2024

僕自身も、焼き鳥屋を経営して約30年になります。毎日、お店に立って営業してきましたが時代も急激な速さで進んでいき、お客さんの求めている物が変化していったように思います。

長年、焼き鳥屋を経営してきた技術やノウハウをご指導するために焼き鳥学校「大阪とりアカデミー」では独立開業支援をさせて頂いております。

焼き鳥学校に来られる方も様々で、店舗開業、キッチンカー開業、テイクアウト専門店、海外の方などは日本食の勉強で焼き鳥の技術を学びに来られております。

焼き鳥屋と言っても色んな独立の仕方があり、卒業生さんも色んな地域でコロナの時代を乗り越えて営業されております。

一番最初に決めないといけないのが、どんな場所でどんな販売方法のお店を開業したいのか?

店舗開業の場所とテクアウト専門の場所は違ってて、キッチンカーなどは移動ができるのでいいのですが店舗の場合は、開業方法とお客さんのニーズがマッチしないと廃業すると思います。

とりアカデミーでは、7割の方が店舗開業です。残りの方がキッチンカー開業とテイクアウト店での開業の方に分かれているように思います。

どれが一番儲かるのでなくて、どの商売で儲けていきたいのか?

それがまず初めに決めていかないといけない事だと思います。