木. 4月 25th, 2024

長年、飲食店を経営して来てお店をしながらテントでイベント販売をしてたら、キッチンカーにあこがれていまでは、600万円の製作費でとりアカデミーもキッチンカー事業を行ってきております。

活動して思う事は、店舗などのお店と違って経費が掛かりすぎること。

開業資金も高い、車の維持費や保険代、イベントなどの出店代などなど…

キッチンカーでは店舗以上に経費が掛かり、仲介業者さんに取られるばかりや、材料の積み下ろし、仕込みなどを考えたら店舗の方がいいようにも思います。

1年間、ひたすら色んな販売場所に出店してどこが良くてどこが悪いのか??

キッチンカーにはキッチンカーの儲け方があることに気づきました。

お店と同じ感覚で経営しても売り上げが上がらず、あつかう商材がどこの場所で売れるのかを見極めていかないといけません。

イベントやランチ販売で知り合った人も、脱サラやコロナによって開業しても1年ほどで廃業する人が多いです。廃業するので車を買ってほしいなどのご相談も頂きます。

店舗もキッチンカーも商材選びで廃業率が上がります。

初めに選んだ販売する商材でほとんど成功率が決まっていきます。

商売は何でも同じなのですが、うまくいってる人のまねをすることです。完コピすることがだいじで、素人がいろいろ考えてもうまくいきません。

人が多い所で、たくさんのお客さんの行列を見てたら華やかで儲かっている感じがします。そんな方はごく一部で、ほとんどの方は儲からず、ローンの返済に追われております。

何事にも、コツとやり方を学んで基本通りに営業すれば店舗もキッチンカーも儲かる商売なのです。そこに気づくか、メンターを見つけて教えて頂くかをしないとうまくいきません。