木. 4月 25th, 2024

飲食店開業には、設備投資、運転資金など、多くの資金が必要です。自己資金だけで賄えない場合、以下の方法で資金調達を検討することができます。

1. 融資

1.1 日本政策金融公庫

  • 創業融資制度:最大3,000万円、無担保・無保証人
  • 新創業融資制度:最大1,500万円、無担保・無保証人
  • 中小企業経営力強化資金:最大2,000万円、有利子

1.2 民間金融機関

  • 銀行:事業計画書に基づき融資審査
  • 信用金庫:地域密着型で、相談しやすい

2. 補助金・助成金

  • 国や自治体による創業支援制度
  • 業種や地域によって異なる

3. クラウドファンディング

  • 多くの人から少額の資金を集める
  • リターンを用意する必要がある

4. ファンド

  • 投資家から資金を集める
  • 事業計画書に基づき審査

5. 個人投資家

  • 知人や友人から資金を集める

6. 設備リース

  • 設備購入費用を月々のリース料で支払う

7. 共同経営

  • 複数人で資金を出し合い、経営する

資金調達時のポイント

  • 必要資金を明確にする
  • 複数の方法を検討する
  • 事業計画書をしっかりと作成する
  • 金融機関や支援機関に相談する

参考情報

●日本政策金融公庫: https://www.jfc.go.jp/