木. 2月 9th, 2023

Q&Aコーナー

Pocket

Q…焼き鳥のタレは腐らないのですか?

A…焼き鳥のタレは醤油や砂糖、みりん、お酒で造るので基本的には腐りません。その元タレを継ぎ足しして秘伝のタレが出来上がります。卒業生さんでも腐らした方が数名おられますが、その原因は水分がタレに入ったために腐らせました。

Q…焼き鳥は冷凍のまま焼いてもいいのでしょうか?

A…焼き鳥はちゃんと解凍してから焼きます。冷凍のままだと表面は焼けいても中が生焼けになります。それと冷凍した焼き鳥の場合は、水分があるのでそのままタレに入れるとタレが腐ることになるので、ちゃんと水分をふき取ってから焼いてください。

Q…焼き鳥学校に受講の場合遠くから参加なので無料の宿泊施設の前泊利用は可能でしょうか?

A…焼き鳥学校を受講される方には無料の宿泊施設を完備しております。遠くからご参加の場合受講日の1日前(前泊)での利用も可能になります。安心して受講下さい。

Q…お店の開業資金っていくらぐらいかかるのですか?

A…焼き鳥学校を卒業された方は100万~400万までの方がおられます。居ぬき店舗の方が多くて100万~200万ほどの方が多いです。スケルトン(何もない物件)で400万ほどです。

Q…お店の家賃はどれくらいが理想ですか?

A…とりアカデミーでは10万前後をオススメしております。卒業生さんも5万~14万ほどです。一番おおいのが7万~10万ほどの家賃の方が多いです。

Q…海外からなのですが焼き鳥学校を受講できますか?

A…日本語が話せたら大丈夫です。焼き鳥学校にも海外からも勉強に来られております。日本語が話せない方などは友達などで通訳ができる方と受講されております。

Q…焼き鳥の焼き台はどんなのがいですか?

A…オススメは電気グリラーが簡単に美味しく焼けて焼きやすいです。でも、卒業生さんはスペースや予算の都合でガスグリラーが多いです。居酒屋やちょっと焼き鳥を焼くぐらいならガスグリラーでいいのですが、焼き鳥専門店なら電気グリラーがオススメです。

Q…どんな方が焼き鳥学校を受講されてますか?

A…コロナ前は脱サラの方が多くて、海外の方は日本食の勉強で来られておりました。コロナになってからは飲食店の方が多く、焼き鳥のテイクアウトなどでお店の売り上げアップのため勉強に来られております。コロナも落ちついてきたら、前のように脱サラの方の受講が増えてきております。

Q…お店を開業して間もない頃はタレがしょっぱい感じですが?

A…焼き鳥のタレは、焼き鳥の脂と熱を加えることで徐々にまろやかになります。卒業生さんを見ていたら皆さん、1ヶ月~2か月ほどでまろやかで美味しい秘伝のタレに変わってきております。本来なら、お店を開業される前に練習でいっぱい焼き鳥を焼いてタレを作っていくのが理想です。

Q…キッチンカーで焼き鳥販売したいのですが開業された方はいてますか?

A…焼き鳥でのキッチンカーを開業された卒業生さんもおられます。それ以外にも、現役で焼き鳥のキッチンカーの方もとりアカデミーに勉強に来られております。店舗とは違うキッチンカーでの販売方法など色んな情報を提供させて頂きます。